糀・甘酒スムージーのことならかど万米店

お電話でのお問い合わせはこちら 054-667-0050
おすすめ商品

甘酒スムージー

店頭販売のみとなります。
詳細は甘酒スムージページよりご確認ください。

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

 …… 日曜定休

記事検索
新着記事
かど万レシピ
カテゴリ
facebook

四季を感じる事

日付:2013年2月14日

カテゴリ:その他

左:大豆を煮ている釜 右:糀になる米を蒸かしている所

味噌は「寒仕込み」と言って1年の中でも1番寒い時期に仕込む事が一般的です。

二十四節気で言うと「小寒」1月5日頃が寒の入り。

ここから節分までが「寒」の時期。

 

 

まだまだ寒さは残りますが暦の上では春なんですね。

「寒の時期でないとお味噌は作ってはいけないの?」というご質問をたまに頂きますが、いえいえそんなことはありません。

かど万では真夏でも味噌を仕込む日だってありますよ。

味噌作りを経験された方には解るかもしれませんが、大豆を煮て、お豆を熱いうちに潰して・・・と、一つ一つの工程がとにかく暑いんです!

きっと少し昔は、寒の時期に入れば農作業がひと段落して、古い米を糀にして大豆を煮て味噌を作ったんじゃないでしょうか。

 

 

想像ではありますが、火を使っている間は寒さもしのげますよね。

現在は暦通りに味噌を仕込まなくても良い生活スタイルになっているのですが「食」と季節にこんな結びつきがある事、忘れちゃいけないなぁ~と思います。

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

 もし当記事を読んで気に入って頂けましたら、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。今後とも皆様にお役に立てる記事を心掛けて更新を行っていきます。