麹のことなら「かど万米店」

お電話でのお問い合わせはこちら 054-667-0050
おすすめ商品

甘酒スムージー

店頭販売のみとなります。
詳細は甘酒スムージページよりご確認ください。

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

 …… 日曜定休

記事検索
新着記事
かど万レシピ
カテゴリ
facebook

丁子屋さんとろろ講座

日付:2013年9月10日

カテゴリ:その他 教室,

9月7日土曜日、静岡市清水駅前にある静岡市子供クリエイティブタウンまあるにて「親子丁子屋とろろ講座」がありました。

丁子屋さんではかど万の米、麦、糀を使っていただいています。

とろろ汁に欠かせない食材でもあるお味噌。

そのつながりから、日本の発酵食品に欠かせない糀の話しをしながら、講座の手伝いをしてもらえませんか?というご依頼をいただき4代目女将が同行しました。

 

元祖丁子屋14代目の柴山広行さんと。

 

続きをよむ

玄米の糀

日付:2013年6月13日

カテゴリ:

先日お客さまから、かど万の玄米糀のみで作った甘酒を頂きました。玄米の糀で本当に甘くなるのか実際に試した事が無かったので一口食べてびっくりでした!ちゃんと甘い。でも、白米糀で作る甘酒よりか甘さ控えめ。それがより糀の香りを感じさせてくれて感動の美味しさでした。

玄米は、糠(ぬか)という皮でお米のでんぷん質を覆ってますね。甘酒になってもプチプチとした食感は残り楽しいです。今回は玄米糀と白米糀のミックスで甘酒を作ってみました。↓

 

続きをよむ

糀と道具たち

日付:2013年5月13日

カテゴリ:

糀はこの「糀蓋」(こうじぶた)に入って出来上がっています。この糀蓋も昭和の中頃から使用しています。この糀どうやって使うの・・・?と思いますよね。

皆さんがお求めに来て下さるとこれを使って↓

続きをよむ

糀の羊羹

日付:2013年1月29日

カテゴリ:

もうすぐ立春。春はもうすぐそこですね。

皆さんにも早く桜の花が咲きますように・・・願いを込めて「糀ようかん」のご報告です。

続きをよむ

糀蓋

日付:2012年10月9日

カテゴリ:

秋らしさが出てきましたね!食欲の秋、到来です。糀屋としても活気が出てくる季節です。

糀はこちらの木で出来ている箱のような入れ物「糀蓋 こうじぶた」に仕込みます。

出来上がった糀。

続きをよむ

糀が出来るまで暫くお待ちください

日付:2012年9月5日

カテゴリ:お知らせ,

こんにちは。

糀をお買い求めに足を運んでいただいた皆さまありがとうございました。

大変申し訳ございませんが、本日9月5日(水)かど万米店では糀売切れのため販売をしておりません。

明日、9月6日(木) 糀は出来上がりますので、どうぞよろしくお願いします。
 

IMG_1751

続きをよむ

糀のレシピ、お配りしてます

日付:2012年3月15日

カテゴリ:その他,

こんにちは。
 
日差しが暖かくなってきました。そろそろ桜も咲く季節ですね。

かど万米店では、ご家庭で塩糀や甘酒を手作りする方々のために、糀をお買い求めいただくと以下のようなレシピをお配りしています。

 

IMG_2740

 

塩糀の作り方、料理の仕方、甘酒の作り方、活用法・・・等々。

用紙には小さい字ではありますが細かに説明をしております。

さらに、店頭でも出来る限り糀、塩糀、甘酒、味噌作りの説明や補足をするように努めております。
 
糀は、昔から味噌などの原料として日本の発酵食品には欠かせないものでした。
しかし、現在は味噌なども家庭で手作りをすることが少なくなってきたため、一般の方々が糀そのものを見る機会は少なくなりました。
かど万に初めて来て下さるお客さんのほとんどが「初めて糀を見る」という人たちばかりです。
 
かど万にとっても、現在の塩糀ブームで、糀が注目されているのはとても嬉しい事です。
だからこそ「糀の不思議さや美味しさをしっかりお伝えしたい」という思いで、初めて糀を扱う方々にも安心して塩糀や甘酒、味噌を手作りしてもらえるように、とこのようなレシピ類をお配りしています。

 

皆さんもぜひご一緒に、糀のお話ししませんか?

かど万米店は、いつも糀をご用意してお待ちしております。
 

8 / 8« 先頭...45678